口周りの産毛は電動シェーバーで処理しています

化粧のりを良くするためにも、定期的に顔の産毛は処理しています。

中でも、口周りの産毛は濃くて目立ちやすいので、お手入れをさぼってしまうとヒゲが生えているで恥ずかしいので、特に力を入れてケアしています。

以前は普通のカミソリで剃っていました。
乳液やクリームを塗って優しくカミソリで剃るようにし、産毛処理の後はきちんと保湿をして、肌をいたわるようにすれば、ほとんどダメージなく産毛剃りができます。

産毛剃り用の安全カミソリを使えば肌を切ったりする危険性もないし、安心です。

カミソリでも肌荒れしたりすることはなかったんですが、利便性を考えて今は電動のレディースシェーバーで産毛剃りをしています。
カミソリよりも安全だし、刃が二種類付いているのが使いやすくて気に入っています。

口周りを剃る時には小さい方の刃が断然便利で、小回りがきいて細かい部分まできちんと剃ることができます。
肌へのダメージもカミソリより少ないし、産毛剃りに失敗して肌を切ってしまうというトラブルなども起きないので安心して使うことができます。

口周りの産毛剃りはお手入れ回数も多くなるので、時短処理できる電動シェーバーはおすすめです。

こちらのサイトでも女性のヒゲ処理に関して詳しく紹介されていました。色々な方の処理方法なども紹介さてており参考になります。

刃の切れ味が良いカミソリで産毛処理している
産毛というのは、毛が細いですので、今行っている処理方法としては、刃の切れ味が良いカミソリを使用して行うというものです。

刃の切れ味があまり良くないものですと、どうしても産毛の細い毛というのは、うまく処理する事ができないです。

肌はデリケートですので、少しでも力をいれてしまいますと、肌に傷がついてしまう可能性がありますので、力を入れなくて、軽く剃れるようなものを選ぶ必要があります。そうなってきますと、カミソリの刃の切れ味というのは大事になってきます。

切れ味が良いものですと、力をいれなくても簡単に産毛などの細い毛も処理する事ができますし、自分の中では一番手軽で良い方法なのかと思います。

もちろん、刃の切れ味が良いカミソリというのは、少し価格の方も普通のものと比べて高くなってきますけど、産毛処理のためには欠かす事ができないです。

刃の切れ味が落ちてきたら、また新しいカミソリを購入して産毛処理しています。いくら刃の切れ味が良いものでも、長く使用してくると切れ味が悪くなってきますので、切れ味が悪くなったと思ったら新しいものに変更するようにしています。

以上のような方法でうまく産毛処理できていますので、満足しています。

口周りの産毛は電動シェーバーで処理しています